幻の漆喰をつかう意味 


弊社が使用している「幻の漆喰」

使い始めて15年以上になります。


20年ほど前に弊社は輸入建材を使用した住宅や高気密高断熱の住宅を建てていました。

新しい工法や材料をどんどん取り入れて

当時の最新住宅です。

しかしある日、自分たちが建てている住宅が化学物質を放出しシックハウスの危険があることを知ることになります。


ある住宅が完成まじかで内装工事が終わった後に家に入ろうとすると、国が認めた材料を使用していたのにも関わらず、目が痛くなり設置していた機械換気を稼働させないと入れなかったのです。

その時に初めて自分たちがしたことを理解し、このままでは不健康住宅をつくることになる。


自分たちが建てた家が住む人の健康を害する可能性があると知ってしまった私たちはそこから住宅の環境について調べはじめいろいろな材料を使ったりしましたが建材はやはり良くないことがわかり極力自然素材を使用するようになります。


ある時、たまたま知り合いの工務店に教えてもらった「幻の漆喰」に出会います。

「化学物質を吸着分解する」

と聞いて「ほんとに?」と思いました。

「匂いも分解する」といわれ益々疑ってしまったことを覚えています。


しかしこの幻の漆喰をつかっていくうちに徐々に幻の漆喰の凄さを理解していくのでした。

実際、自分の家に使用してから明らかに塗った部屋とそうでない部屋の違いを体感して「この材料はいいかもしれない」

から「この材料凄い」という確信に変わ

りました。


あまり言うと嘘に聞こえるので言いませ

んが塗ると部屋の空気は劇的に変わりま

す。「空気がきれい」になると同時に、

これまでの住宅がどれだけ空気が汚染さ

れているかがわかってしまいます。


実際に幻の漆喰を検討されていいる方へ

是非塗られることをお勧めします。

きっと後悔はしないと思います。

それよりも生活をする中で新たな発見が

あると思いますよ。